2018年9月27日(木)

春秋

2018/4/17 1:10
保存
共有
印刷
その他

 カンボジアの少女たちは手こぎの小舟で川を進み、フィリピンの少年はワイヤ2本張っただけの橋を渡る。ミャンマーでは水牛の背に揺られ、中国では絶壁をよじ登って。学校に飲み水がないため、水を張った大きなたらいを頭に乗せて通うのはガーナの子どもたちだ。

▼写真絵本「すごいね!みんなの通学路」は、世界の各地で暮らす子どもたちの通学風景を紹介している。川の流れや切り立った山の斜面を前におそるおそる、といった表情からも、「大好きな学校に行きたい」との気持ちが伝わってくる。思わずはっとさせられたのは、散乱するがれきのなかを歩く2人の子どもの写真だ。

▼説明には「日本/地震や津波」とある。「途上国では通学も大変だろう」などという先入観で本を手にした自分の誤りに気がつく。たとえば日本で歩行中に車にはねられ、死傷した事故の被害者を年齢別にみると「7歳」が突出して多い。目立つのは登下校中の事故なのだ。これもまた、わが先進国の通学の現状といえる。

▼首長の皆さんに、自分たちの市や町の通学路の写真を集めてみてもらいたい。真新しい学帽の列をかすめてトラックが走りすぎたり、車が次々と入り込む抜け道になっていたりはしないか。これまで悲惨な事故が起きるたび、通学路の見直しが叫ばれてきた。写真絵本にまとめても、恥ずかしくないものができるだろうか。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報