/

この記事は会員限定です

文民統制問う 日報問題(複眼)

古庄幸一氏/田中明彦氏/三浦瑠麗氏

[有料会員限定]

「存在しない」と説明していた自衛隊イラク派遣部隊の日報が見つかった問題で防衛省・自衛隊が揺れている。昨年、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題で当時の稲田朋美防衛相が引責辞任したばかり。政治の軍事への優先を意味する「文民統制(シビリアンコントロール)」のあり方が再び問われている。自衛隊の規律はどのように保てばよいのだろうか。

◇   ◇

部隊の管理・運用に課題 元海上幕僚長 古庄幸一氏

文民統制には2種類ある。1つは国民を代表する国会が決...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4085文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン