琉球競馬 復活へ駆ける
速さでなく美しさで勝負 伝統も在来種も守る 高田勝

2018/4/13 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

タッタッタッタッ。

2頭のずんぐりした沖縄在来馬が目の前を優雅に駆け抜けていく。審査員たちは、一瞬も見逃すまいと身を乗り出した。あっという間に1頭がゴール、続けてもう1頭。さて判定は――。

与那国島の在来馬「どぅなん」の勝ち。「よくやった!」と思わずガッツポーズが出る。

◇ ◆ ◇

琉球王朝時代に始まる

琉球王朝時代に始まった「琉球競馬(ンマハラシー)」は、速さではなく、走りの美しさを競う。一般的…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]