東西結ぶ批評家サダキチ
日独ハーフ アイデンティティー求めた破天荒な人生 田野勲

2018/4/10 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

カール・サダキチ・ハートマンの名前を知ったのは、35年前のことだ。私は1900年代に出た米国の写真雑誌を調べていた。そこに寄稿し、当時の先端的な芸術であった写真について堂々たる議論を展開していたのがサダキチだった。

この時代に、名だたる芸術家と誌上で議論を戦わせた日本名の批評家に、米文学・文化を研究していた私は強く興味を引かれた。米国の大学図書館でほこりを被った資料をひもとくと、この謎めいた人物…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]