2019年9月16日(月)

俳句の誕生 長谷川櫂著 心遊ばせ出合う永遠の静寂

2018/4/7 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

革命者に必要なのは、現行の世界を否定し、歴史を書き換えることだ。長谷川は冒頭から、俳句界が大事に掲げてきた「写生」を否定する。写生は、近代俳句の祖と呼ばれる正岡子規が、絵画の理論を援用した方法論だ。デッサンするように、対象を見つめありのままを写せば、新しい俳句ができる、と。対して長谷川は、写生は「対象への凝視、精神の集中を要求」するが、「逆に集中に疲れて、ぽーっとするとき」こそ俳句ができると述べ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。