2019年8月24日(土)

古代瓦 文化財の守り神
姫路城や東大寺の屋根修理、技術継承へ職人育成 山本清一

2018/4/5 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2015年、世界遺産で国宝の姫路城(兵庫県姫路市)が平成の大修理を終え、公開された。瓦職人であるわしは屋根瓦葺(ふ)き替えの陣頭に立ち、大天守の守り神である鯱瓦(しゃちがわら)の半世紀ぶりの新調にもかかわった。

□ □ □

2回目の大修理

実は姫路城の瓦葺きにかかわるのは、昭和の大修理(1956~64年)以来2回目。第1回のときは途中から現場をまとめる棟梁(とうりょう)となったが、精神的に厳しく、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。