雪の階(きざはし) 奥泉光著 精巧な嘘が生む狂気と酩酊

2018/3/31 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

本書の読者はのっけから、息の長いアナクロな文体が続くことにびっくりするだろう。しかし、こちらが驚くあいだに、作品のほうは二・二六事件前夜の不穏な日本を背景としながら、謎めいた心中事件とその顛末(てんまつ)を流麗に描き出していくのだ。

主人公の笹宮惟佐子(いさこ)は華族の娘であり、囲碁の腕前も本因坊秀哉名人との置き碁企画に誘われるほど。整数論とミステリを愛するモダンな才女でもある。この「反平民的」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]