/

この記事は会員限定です

大統領選後のロシア(上) 多極世界で主導権を模索

下斗米伸夫 法政大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○内政はリベラル改革寄りで外交は強硬に
○経済では脱エネルギーと多角化がカギに
○民生と安保の二者択一できず両方追求も

予想どおり3月18日のロシア大統領選挙でウラジーミル・プーチン氏が再任された。4年前にウクライナ南部のクリミア併合を決めた日に選挙が設定されたことが示しているように、愛国的世論を背景としたプーチン路線の信任投票といえる。7割の投票率で7割の票をとるというクレムリン(大統領府)の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン