/

この記事は会員限定です

再生エネ どう育てる(複眼)

平野敦彦氏/山地憲治氏/安田陽氏

[有料会員限定]

経済産業省がまとめたエネルギー基本計画の素案は、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを初めて「主力電源」と位置付けた。これまで導入が遅れた背景に、なお高い発電コストや送電線の硬直的な運用がある。東京電力福島第1原子力発電所事故で原発増強が難しくなったいま、地球温暖化対策やエネルギー確保の切り札となるべき再生エネを増やす方策は。

◇   ◇

太陽光、住宅に設置余地 ソーラーフロンティア社長 平野敦彦氏

再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で太陽光発電の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4132文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン