/

この記事は会員限定です

ハリウッド映画と聖書 アデル・ラインハルツ著

論理と隠喩に差す政治の影

[有料会員限定]

アメリカには足かけ7年住んだが、毎年イースターの季節になると必ず『十戒』が主要テレビ局で放映されるのにはいささか辟易(へきえき)した。往年の名作を家庭の宗教教育に使ってもらいたいのだろうが、年頃(としごろ)の子どもたちは、逞(たくま)しい男性が半裸で登場するこの手の映画を「メイル・ニップル・ムービー」と呼んでまったく相手にしなかった。

アメリカの独立を旧世界からの「出エジプト」とみなす救済者国家観...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン