/

この記事は会員限定です

多様化する日本人の働き方 阿部正浩、山本勲編

個人追跡データで政策分析

[有料会員限定]

本書は樋口美雄慶応大学教授の退職(3月末予定)記念論文集。慶応大学が開発した、同一の個人を長期に追跡調査した「パネルデータ」にもとづく共同研究の集大成である。綿密な計量分析とともに明確な政策的含意と結びついている点が特徴で、日本のパネルデータ実証分析の威力と、働き方改革について政策分析の重要性を示す書として大きな意義がある。

第1に、非正規社員が正規社員に転換するには、マニュアル業務よりも抽象業務...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り693文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン