2018年11月14日(水)

混迷欧州の行方(中) ドイツ既成政党 逆風強く
河崎健 上智大学教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2018/3/22 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○独首相の地位は強大で安定政権は継続へ
○大連立政権頻発で各陣営の違い不明瞭に
○既成政党にとり反移民政党への対策急務

ドイツ最大の右派政党キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)とドイツ社会民主党(SPD)の連立により、第4次メルケル政権が発足した。昨年9月24日の連邦議会選挙から半年近くがたち、成立まで戦後最も長い時間を要した政権の誕生となる。

連立交渉では当初、医療保険、年金、税制、気…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報