フリーランス処遇、「優越的地位の乱用」防ぐには
企業、契約内容明示や「事前合宿」など工夫

2018/3/19 2:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

企業と雇用契約を結ばずに個人で仕事を引き受けるフリーランス人材の処遇改善に向け、公正取引委員会が2月、労働分野に独占禁止法を適用するための考え方を公表した。不利な条件の押しつけなどは同法違反になりうる。実効性の確保が課題となるなか、企業の間では契約を工夫するなどの取り組みも広がり始めている。(田中浩司)

「報酬の未払いや減額は何度もあった」。スポーツ分野を中心に出版社などから原稿執筆を引き受ける…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]