/

この記事は会員限定です

フリーランス処遇、「優越的地位の乱用」防ぐには

企業、契約内容明示や「事前合宿」など工夫

[有料会員限定]

企業と雇用契約を結ばずに個人で仕事を引き受けるフリーランス人材の処遇改善に向け、公正取引委員会が2月、労働分野に独占禁止法を適用するための考え方を公表した。不利な条件の押しつけなどは同法違反になりうる。実効性の確保が課題となるなか、企業の間では契約を工夫するなどの取り組みも広がり始めている。(田中浩司)

「報酬の未払いや減額は何度もあった」。スポーツ分野を中心に出版社などから原稿執筆を引き受けるフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン