2018年9月22日(土)

鹿せんべい しかと投げよ
四半世紀続く「とばし大会」 ほのぼのルール、勝負白熱 清水宗和

カバーストーリー
2018/3/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 奈良公園、若草山の麓近く、ひょっこり飛び出た小岩が、決戦の舞台の目印だ。進み出た選手は心を静めて、風を読む。真剣なまなざしで投てき姿勢をとった、その指先には巨大な鹿せんべいが……。

 1993年に始まった鹿せんべいとばし大会は四半世紀を超え、すっかり恒例の催しとなった。ここ数年は山焼きの1月、山開きの3月、ゴールデンウイークの年3回開催している。私は初回から運営に携わり、現在は実行委員長を務める。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報