2018年9月22日(土)

マイゴルフ

フォローする

夢は米ツアー挑戦 技術底上げ、まずは初Vを
永野竜太郎(15)

2018/3/8付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

 ドライバーはちょっと飛ぶけど、自分でショットがうまいと思ったことは一度もない。生命線はグリーン周り。子どもの頃から遊びでいろんなライから打っているからイマジネーションがわき、ショートゲームはやってて面白い。ショットをわざと曲げるのは好きだし、林からのリカバリーも得意で、遊びのラウンドでは、自称「熊本のセベ(バレステロス)」である。

 2017年の賞金ランクは38位。前年の18位からランクダウンした…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

ゴルフコラム

スコアアップヘ

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
思い切って左に開いたスタンス

 バンカーショットでは打った瞬間の音に耳を澄ませている。音がすべてといっていいかもしれない。「サッ」「チャッ」。擬音で表すのはちょっと難しいけれど、サンドウエッジのヘッドが的確な位置に入っていると、砂 …続き (9/21)

スタンスを狭め軸をぶれにくく

 昨年のサロンパス杯で予選落ちの窮地を救ってくれたロフト角52度のウエッジを今季は50度に入れ替えている。これはランニングアプローチの事情ではなく、フルショットでの番手間の距離の穴を埋めるのがねらいだ …続き (9/14)

ピンを狙うウエッジは地元群馬のメーカー製

 8月のニトリレディースの初日、小樽CCの14番パー4でティーショットを左サイドに打ち込んでしまった。グリーン方向には順に2本の木が立ちはだかる。そこで私は「手前の木の枝の下を通し、次の木の上を通す。 …続き (9/7)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]