2018年6月25日(月)

マイゴルフ

フォローする

夢は米ツアー挑戦 技術底上げ、まずは初Vを
永野竜太郎(15)

2018/3/8付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

 ドライバーはちょっと飛ぶけど、自分でショットがうまいと思ったことは一度もない。生命線はグリーン周り。子どもの頃から遊びでいろんなライから打っているからイマジネーションがわき、ショートゲームはやってて面白い。ショットをわざと曲げるのは好きだし、林からのリカバリーも得意で、遊びのラウンドでは、自称「熊本のセベ(バレステロス)」である。

 2017年の賞金ランクは38位。前年の18位からランクダウンした…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

マイゴルフ 一覧

フォローする
一番大事なのはタッチだ

 パットのグリップは各人各様。僕は「逆オーバーラッピング」で、左手人さし指を右手中指に乗せる感じで握っている。クロスハンドなどいろいろ試したが、昔からこの握り方だ。スタンス幅は風が強い日は広くなるし、 …続き (6/22)

膝が伸び上がったりするとミスにつながりやすい

 バンカーショットのアドレスは、アプローチと基本的に同じ。ボール位置も左だ。アマには苦手意識を持っている人が多いが、ボールを上げようとしすぎて左膝が伸び、右に体重が残っているケースが目に付く。 …続き (6/15)

半足分開くかどうかのスタンス幅をとり、左足つま先の前あたりにボールを置く

 アプローチの基本はピッチエンドランだ。52度のアプローチウエッジ(AW)、58度のサンドウエッジ(SW)やピッチングウエッジ。上り傾斜が強かったり距離があったりすると、9番アイアンを使う。僕はスイン …続き (6/8)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

会員権相場情報

[PR]