/

この記事は会員限定です

マッチの美 ハートに火

喫茶店やバー、宣伝を超えた芸術 収集し私設博物館 小野隆弘

[有料会員限定]

普通のマッチ箱の大きさは56ミリ×36ミリ、表面積は20平方センチメートルほど。手のひらに収まるサイズだが、この小さな世界に極上のアートが詰まる。

戦後の高度成長期以降、あらゆる業種の企業と店が宣伝や販促用に、個性的な抽象画などが描かれたマッチを製造。私はそのデザインの美しさに魅せられ、10歳の頃から45年にわたって8千個以上を収集してきた。

2015年春には、国内初の常設のマッチ展示施設となる「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1593文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン