/

この記事は会員限定です

AI時代の銀行経営(複眼)

平野信行氏/遠藤俊英氏/高宮健氏

[有料会員限定]

メガバンクが人員体制の大幅な見直しに乗り出すなど、デジタル技術が銀行のビジネスモデルを揺さぶり始めた。金融とIT(情報技術)を融合させたフィンテックや人工知能(AI)が浸透する「AI時代」の銀行経営に求められるものは何か。

◇  ◇

自前主義捨てニーズ追求 三菱UFJフィナンシャル・グループ社長 平野信行氏

銀行にはデジタル化が進んでも変わらない根本的な価値がある。それは信頼と信用だ。仮想通貨が流出したコインチェックの騒動では、制度そのもの、担い手に対する信頼性の問題が浮き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4054文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン