/

この記事は会員限定です

「家から個へ」変化する弔いの形

[有料会員限定]

葬儀や墓など弔いの形は「家から個」「慣習・儀礼から自由選択」「豪華から簡素」の流れだ。背後に人間関係と価値観の変化がある。

かつて葬儀は近所が協力し家や寺で営み、江戸時代からの檀家制度に由来する檀那寺が供養した。墓も家で継承した。ところが都市化と過疎化が同時に進行。大家族は核家族や単身世帯に姿を変え、地縁・血縁の結びつきが薄れた。

1990年代に葬儀会館での葬儀が増えたが、高齢化で参列者は減少。2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン