/

この記事は会員限定です

松井忠三(21)社長就任

会長の硬い表情に腹括る 初の株主総会は怒号の嵐

[有料会員限定]

20世紀が終わろうとしていた2000年(平成12年)12月29日。仕事納めのこの日は役員ミーティングがあり、それが終わった午後3時すぎに会長の木内政雄さんから声をかけられた。「部屋に来てくれ」。2カ月ほど前に出した辞表が受理されたのだと思い、「お世話になりました」と話すつもりで8階の会長室に入ると、いつも明るく話す木内さんの表情が硬かった。

「社長をやってくれ。有賀馨社長の辞表を受け取った。就任...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

松井忠三

「無印良品」を展開する良品計画元会長の松井忠三氏。業績がどん底だった頃に社長に就任し、徹底した社風改革によって会社とブランドを再生させた立役者だ。無印良品の歴史と、松井氏の歩みを重ねながら波乱万丈の道のりを振り返る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン