/

この記事は会員限定です

昭和テレビの怪物たち

黄金期に放送作家として接したスターの横顔 奥山侊伸

[有料会員限定]

昭和はテレビが最も元気だった時代だ。ボクは放送作家として、放送業界に携わり、多くの大物、変人、怪物、妖怪たちと、とても近い距離で仕事ができた。昭和が遠くなった今、完全に消えてしまう前に大物たちについて語っておきたい。

まず、簡単に自分のことに触れておきたい。現在79歳になる。北海道・旭川の東高定時制を卒業後、上京した。ヒーローは石原裕次郎。ギターが弾けたのでライブハウスのバンドボーイをしながら、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1524文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン