/

この記事は会員限定です

仮想通貨 インフラに育つか(複眼)

加納裕三氏/中島真志氏/ジェフ・モルツ氏

[有料会員限定]

仮想通貨取引の国内大手コインチェック(東京・渋谷)で580億円分もの不正流出事件が起きた。国境のない、格安の決済手段に育つと期待された仮想通貨は、今のところ投機的側面が目立ち、利用者保護の遅れも露呈した。見えてきた課題を克服し、デジタル時代の金融インフラになれるのか。

◇  ◇

便利と安全 両立難しく ビットフライヤー社長 加納裕三氏

コインチェックによる仮想通貨「NEM(ネム)」の不正資金流出は残念だった。原因として指摘されているのがネットワークに常時接...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン