/

この記事は会員限定です

松井忠三(16)良品計画出向

課長でも会社変えられる 資格制度を新設 組合を説得

[有料会員限定]

「松井君、ちょっと」。人事部長から、本社のある池袋サンシャインシティ47階にある会議室に来るようにいわれた。「良品計画に行ってもらうよ」。1991年(平成3年)2月、西友から89年に分社化していた良品計画への出向を告げられた。断れるわけもなく、その場で「わかりました」と頭を下げる。41歳。

驚いたのは肩書だった。総務人事課長。西友では子会社出向の場合、現在の役職よりも1、2段階上になるのが慣例だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

松井忠三

「無印良品」を展開する良品計画元会長の松井忠三氏。業績がどん底だった頃に社長に就任し、徹底した社風改革によって会社とブランドを再生させた立役者だ。無印良品の歴史と、松井氏の歩みを重ねながら波乱万丈の道のりを振り返る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン