2019年3月24日(日)

春秋

2018/2/15 0:47
保存
共有
印刷
その他

●(歌記号)買い物しようと街まで出かけたが財布を忘れて――。歌のような場面はもうなくなりはしないか。テレビの人気アニメ「サザエさん」の今春からのスポンサーに、電子商取引のアマゾンジャパンなどが加わるという。1969年以来の東芝は合理化の一環で撤退する。

▼黒電話が廊下に鎮座して、スマホやタブレットなぞない時代が舞台の作品だ。しかし、今後は、ご用聞きの三河屋さんが例のマーク入り段ボール箱を手に「ちわー」と勝手口に立つ場面が出てきたりするのか。空想はつきぬ一方、改めて、大組織のマネジメントや、事業の新陳代謝の遅れが経営に及ぼす影響を考えさせる。

▼「手のひら返し」「修復不能」。先月、本紙が連載した東芝の危機を検証する記事は西田、佐々木、田中の歴代3社長の確執や追従ぶりを描く。上からの無理な指示で、不正会計が常態化。米での原子力事業の暴走もあり、結局、医療機器子会社、半導体メモリー部門の切り売りが進められた。まさに「人災」ともいえる。

▼その東芝で再生に向け、新会長が決まった。「企業風土改革」を役割に掲げたという。理不尽な命令にあらがえず、悩み苦しんだ社員も多かったのだろう。●(歌記号)大きな空を眺めたら白い雲がとんでいた。スポンサーは外れるが、エンディングの一節のように、ほがらかな気分で働ける場を一日も早く作り上げてほしいものだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報