春秋

2018/2/14 1:11
保存
共有
印刷
その他

昭和初期の帝都をルポした今和次郎の名著「新版大東京案内」に、銀座の泰明小学校が出てくる。関東大震災からの復興を機に、とびきり贅沢(ぜいたく)に仕立てた校舎は考現学者の目を大いに引いたようだ。外国人にも恥ずかしくない「超モダン」な建築だと驚きの筆致である。

▼校舎はいまも健在で、美しい曲線、半円形の連続窓、おしゃれな門扉など銀座の街によく似合っている。公立とはいえ、伝統のブランド校なのだ。住民は少な…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]