/

この記事は会員限定です

長ぐつホッケー 氷上熱戦

身近な道具で安全にプレー 釧路から世界へ広めたい 越田修一

[有料会員限定]

ゴム製の長ぐつを履いて氷上で競技する「長ぐつアイスホッケー」。真剣勝負のつもりでも、ツルツル滑ってマンガのように足が空回りして、時には笑い声も起こる。

* * *

老若男女で楽しめる

北海道釧路町で40年前に誕生し、少しずつだが全国にも広まっている。私はその発祥の地で釧路町長ぐつアイスホッケー連盟の理事長として普及に努めている。

競技は、アイスホッケー日本代表として冬季五輪に2回出場した名ゴールキー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン