会社の不正、見逃さない 早期発見へ3つの網
内部通報・監査の徹底・IT活用

2018/2/12 2:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
 品質データ改ざんなど最近の日本企業の不祥事に共通するのは不正を長年見過ごしていたことだ。ダメージの最小化には早期発見と速やかな情報公開が欠かせない。法令順守の質の向上をめざす各社の取り組みからは、内部通報の実効性確保、海外を含めた監査の徹底、IT(情報技術)活用という3つのポイントが浮かんだ。(編集委員 瀬川奈都子、田中浩司)

日本企業は会社法施行の2006年ごろから、企業統治改革や不正予防に注…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]