/

この記事は会員限定です

松井忠三(9)沖縄デー

「正義と正義の闘いだ」 留置場で迎えた20歳の誕生日

[有料会員限定]

1969年(昭和44年)4月28日昼すぎ、私は神田周辺の公園にいた。この日は沖縄デーと呼ばれ、52年のサンフランシスコ条約発効によって沖縄が日本から切り離された日として刻まれ、代々木公園で早期返還を求め革新系団体による集会が開かれていた。我々、反日共系学生は集会に参加を拒否され、霞が関の官庁街近くや学生街の神田に結集、ゲリラ戦を展開することになる。

記憶が定かでないが午後3時ころ、中核の白ヘルメ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

松井忠三

「無印良品」を展開する良品計画元会長の松井忠三氏。業績がどん底だった頃に社長に就任し、徹底した社風改革によって会社とブランドを再生させた立役者だ。無印良品の歴史と、松井氏の歩みを重ねながら波乱万丈の道のりを振り返る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン