2018年11月14日(水)

マイゴルフ

フォローする

アプローチ どう転がり、寄るかを想像
永野竜太郎(11)

2018/2/8付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

アプローチではオープンスタンスで構え、右足寄りにボールを置く。ハンドファーストで、両腕とクラブは小文字の「y」の形になる。

基本はピッチエンドラン。軌道が高すぎず低すぎず、ずっと打ち続けられる自分なりの高さをベースに、少し球を上げたいならフェースを開くし、スピンをかけたいならカットめに打つ。まずはグリーンの落としどころを決め、ボールがどう転がりカップに寄るのかをイメージ。それに合ったクラブをチョ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
柔らかく握り、スムーズに振るのが理想

 僕のグリップはオーソドックスなオーバーラッピングだ。中高生の頃は、飛距離を出したくてフックで握っていたが、その後は自然にスクエアに戻った。左手は人さし指、中指、薬指の3本で軽く握る程度で、右手は添え …続き (11/9)

賞金シードをつかんだり失ったりと、浮き沈みが多い

 パットに連動したショットイップスは、ダウンスイングでクラブをうまく下ろせず、パー3で隣ホールに打ち込むこともしょっちゅう。それでもキャディーのバイトに精を出すことで「稼いでいるんだから」と気持ちに余 …続き (11/2)

イップスやぎっくり腰を患うなど、プロ生活は受難が続いていた

 インドでプロデビューした僕はマレーシア、中国、マカオなどアジアツアーを転戦した。ところが予選突破は1回だけ。「予選を通ってお金を稼がなくちゃ」と思い始めたとたん、パッティングでいきなり手が動かなくな …続き (10/26)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]