/

この記事は会員限定です

ゲームの社会的意義と、ビジネスの可能性を伝えたい

仕事人秘録 コーエーテクモHD社長、襟川陽一氏(19)

[有料会員限定]

ゲームクリエーター「シブサワ・コウ」の名で歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」や「三国志」などをヒットさせてきた、コーエーテクモホールディングス(HD)社長、襟川陽一氏の「仕事人秘録」(「生涯ゲームクリエーター 『世界一』追うシブサワ・コウ」参照)。最終回ではゲーム業界と、ゲームを生み出す人材への思いを語ります。

 ゲームを学術研究する研究者を支援する財団を1994年に設立。業界の地位向上に尽力する。

シミュレーションやゲームの研究者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1288文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン