/

この記事は会員限定です

いのち 瀬戸内寂聴著

人間のすべてを受けとめる

[有料会員限定]

九五歳の作家、瀬戸内寂聴の長編。二〇一六年から翌年にかけて「群像」に掲載された。全一一章。老いを見つめ、病気とたたかって書きつづける著者の最新作だ。高齢になると、友人も少なくなる。「私が望外に長生きしてしまったため、多くは波にさらわれるように次々死んでしまった」。大切な友人のひとりは河野多惠子だ。それからしばらくあとに大庭みな子が姿を現(あら)わす。二人の女性作家を中心に話が進む。

丹羽文雄主宰の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り694文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン