/

この記事は会員限定です

盗まれる大学 ダニエル・ゴールデン著

国際化の中 暗躍するスパイ

[有料会員限定]

大学は学問の自由を尊重し、研究成果を広く共有することが期待されている。その正反対にあるといえるのが、閉鎖的で秘密裏に諜報(ちょうほう)活動を行う情報機関である。性格の違いから、中央情報局(CIA)や連邦捜査局(FBI)といった巨大な情報機関を有する米国でも、両者の関係は必ずしも良好ではなかった。

だが、9.11テロ事件を契機に、テロリストや外国のスパイが国内で大学を隠れみのに使うのを防ぐため、双...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り724文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン