/

この記事は会員限定です

松井忠三(2)農家に育つ

真面目な父と合理的な母 総出で田植え 跡取りを自覚

[有料会員限定]

生まれたのは1949年(昭和24年)5月13日。団塊世代の最後の年だ。生家は世界遺産で有名な韮山反射炉(静岡県伊豆の国市)から伊豆長岡駅方面に歩いて数分ほどの場所にある。近くの大仁では昭和40年代に巨人軍、長嶋茂雄さんが自主トレをしていて大いににぎわった。

長男なのに名前に「三」とあるのはこんな理由からだ。父、松井忠一は源頼朝が崇敬し、源氏再興を祈願した三嶋大社で「忠光(ただみつ)」と名付けてもら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1115文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

松井忠三

「無印良品」を展開する良品計画元会長の松井忠三氏。業績がどん底だった頃に社長に就任し、徹底した社風改革によって会社とブランドを再生させた立役者だ。無印良品の歴史と、松井氏の歩みを重ねながら波乱万丈の道のりを振り返る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン