/

この記事は会員限定です

「広辞苑の父」 平凡が身上

孫が語る言語学者・新村出の生きざま 新村恭

[有料会員限定]

「広辞苑」第7版が今月12日に刊行された。

昭和30年(1955年)の初版刊行以来、おおむね10年おきの改訂時には新語が話題になるなど関心も高い。国語辞典の代名詞ともなっているが、編者である言語学者・新村出(しんむらいづる)のことを知っている人はどれほどいるだろうか。そこで、孫の目から見た「広辞苑の父」のことをご紹介したい。

出は明治9年(1876年)、そのとき山口県令だった関口隆吉の次男として山...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1598文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン