2018年4月19日(木)

「広辞苑の父」 平凡が身上
孫が語る言語学者・新村出の生きざま 新村恭

カバーストーリー
2018/1/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 「広辞苑」第7版が今月12日に刊行された。

 昭和30年(1955年)の初版刊行以来、おおむね10年おきの改訂時には新語が話題になるなど関心も高い。国語辞典の代名詞ともなっているが、編者である言語学者・新村出(しんむらいづる)のことを知っている人はどれほどいるだろうか。そこで、孫の目から見た「広辞苑の父」のことをご紹介したい。

 出は明治9年(1876年)、そのとき山口県令だった関口隆吉の次男として…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報