/

この記事は会員限定です

健康格差を考える(下) 経済格差と連動性強まる

辻一郎 東北大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○個人の自覚を促す生活習慣病対策は限界
○個人の生活習慣は社会環境で大きく左右
○健康増進の観点から公共政策の再編成を

日本の格差問題は、新たな局面を迎えている。経済格差が健康格差にまで波及してきたのである。

厚生労働省「平成26年(2014年)国民健康・栄養調査」によると、世帯所得の低い者ほど、喫煙率や肥満者の割合が高い(図参照)。さらに世帯所得の低い者ほど、野菜類・肉類の摂取量が少なく、穀類...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2713文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン