オリンピック・デザイン・マーケティング 加島卓著 「エンブレム騒動」の深層探る

2018/1/27 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

オリンピックと聞けば、まずあの五つの輪のシンボルが頭に浮かんでくる。その五輪マークと開催都市名のロゴなどを組み合わせてデザインされたものが、大会ごとの「エンブレム」である。

2015年夏、5年後の東京大会のエンブレムをめぐっては、「パクリ」「出来レース」など様々な疑惑が噴出した。本書では、その経緯が百年にわたる日本のデザイン史・広告史の流れの中に位置づけられ、あの夏の騒動とは何だったのかが明快に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]