2019年8月23日(金)

三線 琉球の音色響け
王朝時代から続く盛嶋など「開鐘」を復刻製作 町田宗男

2018/1/24 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

沖縄の音楽に欠かせない三線(さんしん)。約600年前に中国から伝わり、琉球王朝で独自の進化を遂げた。私はいま普及している型とは異なる王朝時代の古い三線を復刻製作している。楽器をつくり、奏でることで昔の技術を後世に伝える役割を果たしたい。

♪ ♪ ♪

「カンカラ」きっかけ

現在の沖縄市で生まれ育ち、三線の音色は身近だった。ただ私が幼少の頃は「年寄りが弾くもの」という感覚があり、子供や若者が触れる機会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。