/

この記事は会員限定です

大好きで大嫌いなピンク(9) ボス「快楽の園」(部分)

作家 藤野可織

[有料会員限定]

なんだか裸の人がたくさんいてわけのわからないことになっているが、この絵のことは実際、あまりよくわかっていないらしい。一応、現世の快楽をいましめたものなんじゃないかということになっているようだ。

私には、どうしても遊園地に見える。ドレスコードが全裸なのはどうかと思うものの、みんなけっこう楽しそうだ。全裸も案外悪くないのかもしれない。よく見たら頭から何かに突っ込んでいたり逆さになっていたりと困ったこと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン