/

この記事は会員限定です

ビーズ刺繍 驕らぬ一針

父から学んだ手縫いの技 こつこつと伝統工芸の域に 仙田秀一

[有料会員限定]

ビーズの大きさは直径2ミリ。それを1粒ないし2粒ずつ手に取り、約3センチの針に通して布地に縫い付ける。1センチ四方には約25粒、はがきほどの大きさの面積を埋めるには約10時間かかる。形や色、大きさの違う1万種類以上のビーズを組み合わせ、世界に二つとない一点もののバッグや財布に仕上げる。

刺繍(ししゅう)のコツはビーズとビーズがふれあう程度に縫いつけること。絵柄に合わせ、微妙に異なる形や色を組み合わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1578文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン