/

この記事は会員限定です

つづらの伝統 下ろさぬ

都内で販売・製造手掛ける唯一の工房、後進を育てる 岩井良一

[有料会員限定]

安産、子授けで知られる東京・水天宮からほど近い、人形町の甘酒横丁。昔ながらの店が軒を連ねる一画に私の工房「岩井つづら店」はある。かつて、つづらは日本人の生活に欠かせないものだったが、販売・製造を手掛けるのは都内ではうちを残すのみになってしまった。

つづらは元禄時代に葛籠(つづら)屋甚兵衛という江戸の商人が婚礼道具として作り出したといわれ、次第に庶民にも広まった。最盛期の明治から大正期には呉服の街、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1528文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン