/

この記事は会員限定です

トランプ政権1年(中) 国際主義回帰は期待薄

佐橋亮 神奈川大学准教授

[有料会員限定]
<ポイント>
○外交政策を巡る米政権内の対立が激しく
○中国との全面的な競争路線には転換せず
○米主導の戦後国際秩序の変容に対応急げ

トランプ政権発足から1年がたつが、外交の足元は依然弱い。様々な国際危機を巡っても、何にどのように関わろうとしているのか、一貫した方針はみえない。国際秩序構築や自由貿易に対しても無関心なままだ。エルサレム問題でもみられたように国内の支援者を向いた外交や自国優先主義が目立つ。米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2788文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン