トランプ政権1年(中) 国際主義回帰は期待薄
佐橋亮 神奈川大学准教授

2018/1/17 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
<ポイント>
○外交政策を巡る米政権内の対立が激しく
○中国との全面的な競争路線には転換せず
○米主導の戦後国際秩序の変容に対応急げ

トランプ政権発足から1年がたつが、外交の足元は依然弱い。様々な国際危機を巡っても、何にどのように関わろうとしているのか、一貫した方針はみえない。国際秩序構築や自由貿易に対しても無関心なままだ。エルサレム問題でもみられたように国内の支援者を向いた外交や自国優先主義が目立つ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]