/

この記事は会員限定です

子供に掛け軸 風習たどる

初正月の縁起物 北関東の「佐野掛地」を40年収集 藤田好三

[有料会員限定]

子供の初正月のお祝いに、勇壮な武将や美しいお姫様、七福神など華やかな絵柄の掛け軸を贈る風習が、北関東を中心にあった。質素な表装だが親戚やご近所からたくさんもらうので、座敷に飾ると壮観だった。終わるとしまい込まれ、多くは数年で処分された。栃木県の佐野地方で作られ、「掛地」とよばれたこの掛け軸を、私は40年にわたって調べてきた。

私は宇都宮市で生まれ育って市職員になった。30代半ばで郷土史に興味を持...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン