/

この記事は会員限定です

地域で「ただの人」になる セカンドステージ

退職前から…ゴミ出し・回覧板 「身近な友達こそ値千金」

[有料会員限定]

随筆「徒然草」は、50歳を過ぎれば「暇(いとま)」のある暮らしが望ましいと記した。日本人の寿命は延び、50歳以上が成人人口の半数を超える。人生の後半は暇がいいのか。充実させるならどう備えるべきなのか。セカンドステージを考える。

埼玉県三郷市の川崎耕平さん(62)は3年後がちょっと不安だ。60歳で保険会社を定年退職し、今は子会社の社長を務めている。ただし65歳を迎えると、毎日通うオフィスも知人に配る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン