診療報酬改定の基礎データ 「施設」より「法人」の視点重視
荒井耕 一橋大学教授

2017/12/25 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○法人の視点ないと経営実態把握できない
○医療経済実態調査は併営状況を考慮せず
○厚労省が主導し事業報告書の早期収集を

診療報酬の改定に際しては基礎データを得るため、医療経済の実態に関する調査が実施されてきた。実態調査は医療機関の経営(損益)実態など改定のための貴重な情報基盤を提供してきたが、いくつかの課題も抱えている。

その一つとして病院や診療所という「施設」の実態の把握に限定されていて、施…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]