2018年2月19日(月)

「石内都 肌理と写真」展 皮膚に残る生の痕跡写す

批評
2017/12/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 1947年生まれの写真家、石内都の初期作から近作を展示する「石内都 肌理(きめ)と写真」展が2018年3月4日まで横浜美術館で開かれている。写真展のタイトルに「肌理」という言葉は意外に思えるかもしれないが、「皮膚」に並ならぬ関心を寄せてきた石内にとっては重要なキーワードだ。身体のしわや傷を接写した代表作だけではない。廃屋、亡くなった母親や原爆の被爆者の遺品など人間の生の痕跡が刻まれたさまざまな「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報