/

この記事は会員限定です

貯蓄大国 投資促すには(複眼)

鈴木茂晴氏/油布志行氏/伊藤宏一氏

[有料会員限定]

1800兆円を超す日本の家計金融資産のうち、過半はなお現預金が占める。公的年金などの社会保障がほころびを見せるなか、超低金利下で迎える「人生100年時代」の老後資金確保には、資産形成が避けて通れない。「貯蓄大国」の個人マネーを投資に向かわせるには何が必要か。

◇  ◇

成功体験を若者に 日本証券業協会会長 鈴木茂晴氏

これまで貯蓄から投資になかなか資金が回らなかったのは、日本人に投資の成功体験がな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4062文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン