樹皮布「タパ」誇り高く
南太平洋の島々訪ね記録 氏族伝統の文様まとう 福本繁樹

2017/12/19 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

南太平洋には大小様々な島が浮かぶ。多種多様な諸部族が、絶海の孤島に、あるいはうっそうとした熱帯雨林に孤立し、独自の文化を築いた。機織りの技術が伝えられたのは限られた地域だけで、代わって、手による組みや編み細工の布、そして「タパ」と呼ばれる樹皮布が発達した。

京都で染色家として創作に取り組む私は、京都市立美術大(現京都市立芸術大)在学中に探検部を創設。1969年からのべ16回、南太平洋の島々を訪ね…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]