子どもの貧困対策と教育支援 末冨芳編著 支え合う学校実現への提言

2017/12/16 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本の子どもの貧困対策にとって、本著は待望の一冊である。2013年に「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が成立し、翌年には、子供の貧困対策に関する大綱が閣議決定された。貧困の問題を、児童福祉の領域から、教育政策の領域に引っ張り出した画期的な一歩であった。子どもの貧困は一部の世帯の問題だという認識が覆され、教育政策の課題とされたのである。そして、学校は「貧困対策のプラットフォーム」と位置づけられ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]