/

この記事は会員限定です

テトリス・エフェクト ダン・アッカーマン著

ゲームの「面白さ」めぐる騒動

[有料会員限定]

世界中の多くの人々がシンプルなコンピュータゲーム「テトリス」を何らかの形で知っているだろう。旧ソ連において開発され、極限まで無駄を排除した数学的なパズルゲームとして、今日まで息の長い人気を得ている。このゲームはどのような人々によって生み出され、どのような経緯で西側諸国に「商品」として持ち込まれたのか。

1980年代中盤、旧ソ連の政府機関で働く科学者が旧式の電子計算機の処理能力の限界を逆手に取るよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り699文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン