貨物、北海道… 国鉄改革を成し遂げるために
仕事人秘録 JR貨物名誉顧問、伊藤直彦氏(26)

2017/12/14 2:00
情報元
日経産業新聞
保存
共有
その他

旧国鉄の赤字要因だった貨物部門に自ら移って分割・民営化を迎え、後にJR貨物の社長として黒字を定着させた伊藤直彦氏の「仕事人秘録」(「民営化を前に志願の異動 JR貨物、信頼回復への30年」参照)。最終回は東日本大震災への対応や株式上場、国鉄改革への思いを語ります。

2007年に会長に就いて以降も(前回「新幹線で中越地震に遭遇 不安がる乗客に呼びかけ」参照)、引き続き鉄道貨物への信頼回復に努めた。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]