大根むき花 水戸に咲く
包丁1本で作る伝統民芸 7代続く保存会で後進導く 皆川守

2017/12/14 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

刃渡り30センチの包丁をゆっくりと動かし、薄く、薄く、大根をそぐようにむいていく。芯が近づいたら、さらに薄く。じっとりと汗ばんでくる。あともう少し――。

1本の大根からボタンやアヤメなどを形づくる「大根むき花」は、江戸時代から続く水戸の伝統民芸だ。大根ならではのみずみずしい花びらが美しく、かつてはこの地域の婚礼を彩った。戦後につくり手が減ったため1962年、保存会が発足した。私は7代目の会長とし…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]